食用カラーよもやま話(蛍光編)

先週は、久しぶりに高さ70cm超のケーキを作りました。真っ黒で、パーツは蛍光カラーで、フリルをふんだんに使いまして、絞りも入れたし、シェイプのトレースをたくさんやりまして、2Dから3Dの成形もやりまして、大変でしたがすごい達成感がありました。

納品先ポリシーに準じ写真が載せられないのですが、たくさんの方に(1000人くらい!と聞いています)実物を見てもらえたので、嬉しかったです。

ちなみに、食用カラーだと蛍光ってむつかしくて、、、
特に日本の食品基準で許可されてるのだとズバリの名前の色がないので苦労しますが、私だとWiltonジェルカラーを使っていまして、ピンクだったらできるだけクリアにみえるように青味を足したり、イエローならちょっとだけグリーンを足してビビットに見せて蛍光に近づけたりしてます。これが意外にいい感じなのです。

食用カラーとか食用カラーじゃないとかのここでの意味(アメリカンケーキデコレーションやシュガークラフトをやってる人が気にしてること)を少し話すと、FDA(アメリカ食品医薬品局)基準をパスしてても日本で認可されてないものは国内では食品として売れないんですよね。そういったものは「手芸用」として売られていますよね。
どの国に住んでても体のしくみは同じだよー。って思うけど、これは洋菓子店とか食材屋で取り扱う時の法律的な話ですね。私は昨年はテナントを借りて菓子製造業の許可を取って営業してたので、そのあたりはすごく気を使いました。(現在は営業届け出のテナントから退去しております。)

他国で食用カラーとして作られてパッケージにも「food color」とか「edible」って書かれてても、日本だと「手芸用」になるものも多いのですが、趣味の菓子作りとか、手工芸品として蛍光色が欲しいなと思ったら(つまり、食品衛生法の範疇外で作業するなら)「Neon(ネオン)」とか「Electric(エレクトリック)」って名前についてるのを探すとドンピシャで海外のビビットなカラーが見つかるようです。

アメリカのブランドだと、Wilton(ウィルトン)やAmericolor(アメリカラー)、McCormick(マコーミック)、CK(シーケー)にもFDA認可では蛍光カラーがあるみたい。蛍光カラーは私は手元に持っていないのですが、興味がある方はレッツ検索です。

Food Color
ジェルカラーの国内認可済み色のボトル

ふと、旅行で行ったハワイのスーパーでぼーっと食用カラーの棚を見てたら(もう何年も前で、私にとっては多種多様な食用カラーが珍しかった)知らない女性に「ウィルトンのジェルカラーはやめておけ、アメリカラーの液状を買え」って突然話しかけられ、困惑したのを思い出しました、、、すでにウィルトン・ジャパンで働いてた私はとてもフクザツでした。クーポン分けてくれたからいいけど(笑)

イギリスメーカーのカラーには詳しくないのでわかりませんが、こんどシュガークラフトのお店に行ったらみてこようと思います!

「ちなみに」からの脱線がすごい長くなって、ほとんどカラーの話になってしまいました、、、。
タイトルを「食用カラーよもやま話(蛍光編)」にしておこう。。。
要するに、海外文化だけど、食品だから各国間で規制が違ってて、国内で変わった事をやろうとするのは難しいなぁ〜。でもそこが面白いなぁ〜。ということでした。

さて、今回はケーキの写真を載せられないので、カバーリング前日に黒く着色して寝かせてあるロールフォンダンの写真はいかがでしょうか。
カバーリングだけで5キロです!

Black colored rolled fondant

また大きいの作る機会があるといいなぁー。
念じよう。。。

—————
ケーキ : 5段、75cm、シュガークラフト(ディスプレイタイプ)

giftee 5th anniversary cake ギフティさま5周年のケーキ

giftee 5th anniversary cake

ソーシャルギフトのgiftee(ギフティ)さまが5周年を迎えられました。
おめでとうございます!

gifteeはオンラインで気軽にギフトが贈れるサービスです。スマホアプリもリリースされて、SNSで、例えば普段のLINEとかのやり取りの延長でちょっとしたギフトがサラッと贈れてスマートで便利です。

こうゆうのをソーシャルギフトというらしいです。

コンビニスイーツを贈るのも手軽でいいし、スタバとか、パパブブレとか、Peach JohnとかSoup StockとかAfternoon Teaもあって絶対喜ばれそうですし、地域別ギフトだと、例えば渋谷周辺でon the cornerとかfactoryとかSTREAMER COFFEEとかお気に入りのカフェがギフトで出てきて、ラインナップが素敵だなーと思いました。

gifteeアプリのアイコンは、小さなプレゼントにさっと簡単なリボンがかかってるイメージとのこと。あくまでもカジュアルなギフトのやり取りで、そのイメージに合わせてなるべく、ごくすっきりしたデザインをお打ち合わせで決めていきました。

私はスタートアップに憧れみたいなものを少し持っていて、シリコンバレー巡りに行った事もあるんですけども(偶然近くに滞在したから足を伸ばさせてもらったと言う方が正しいけど)、そういう、なんというかアイデアと技術で世の中を便利にするみたいな、ローカルを大事にするみたいな空気感を感じられて、お祝いに関われまして光栄でした。

というわけで、ちょっと肩入れした文になってしまいましたけれども、、、

ケーキ作りを通じていろいろ知れて楽しいです。

さて、ケーキの事に戻りますと、今回のケーキは、四角のカバーリング/白黒/ロゴのトレース/側面についたリボン。と、シンプルながら難関の多いデザインでしたがプラン通りの形になってホッとしています。

giftee 5th anniversary cake

giftee 5th anniversary cake

giftee 5th anniversary

giftee 5th anniversary cake

5周年、おめでとうございます。
ますますのご発展をお祈り申し上げます。

ソーシャルギフトのgiftee(ギフティ) | ソーシャルギフトサービス

————-
ケーキ:ディスプレイタイプ4段 シュガークラフト

お受付再開のお知らせと春いろいろ

Sakura Cake -CAKEBY

昨日近くの公園を散歩してましたら毎年楽しみにしているシジュウカラを見かけました。寒色系のシックな色で鳴き声も大きさもかわいらしいし、大好きな鳥です。春を感じで嬉しくなります。
->BIRD FAN (日本野鳥の会) | シジュウカラ

さて、5月以降〜2016年中のお引き渡しの制作ご依頼の受付を再開したいと思います。
ご検討の方がいらっしゃいましたら是非コンタクトフォームよりご連絡ください。

再度になり耳タコかもしれませんで恐縮ですが、今年から販売に関してはディスプレイタイプのシュガークラフトケーキに絞ってのお取扱いになります。

それに伴い、このブログのプチギフトアイシングクッキーやカップケーキのオーダー方法などの記述を削除修正しました。他にもスマホで記事が辿りやすい様に目次の位置を変えたりしています。まだ修正の余地がたくさんあるので引き続き良くしていけたら、、、と思います。

そして春になると作りたくなるのが桜で、今年も桜を作りました。今年は花びらの薄さとか本物っぽさより、ムチっとした色っぽさみたいのを目指してみました。ちょっとアンバランスのギリギリみたいなアレンジで、枝からこぼれ落ちる様な桜のイメージ。
写真がまたも暗くてざらついてますね。これまた引き続き良くしていけたら、、、と思っております。

話がアチコチ飛びましたが、春の喜びとともにお受付再開のお知らせでした。
よろしくお願いいたします。

Sakura Cake -CAKEBY