Garland cake と新しいウィルトンカラー

またカラーの話か、、、という感じで恐縮ですが、、、。

cakeby.jp garland cake

Wiltonのジェルカラーに新しいボトルパッケージが。
ドロップタイプで、爪楊枝がいらないタイプです。

爪楊枝での着色って少し面倒になってくる時があって。
アメリカラーとかマコーミックのドロップタイプいいな〜と思ってたので、待ってましたという感じです。Wiltonクラスに買い物に行った時、ちょうど内覧会をやっていて、サンプルで使われてたの見て良さそう!って思ってたんですよね。

「パステル」と「ビビット」各4色。
パステルセットの方の色はピンク、イエロー、グリーン、ブルーでとりあえずこれを持っておけばOKかなというセットで、ジャータイプの(いつもの爪楊枝で使うタイプの)ピンク、レモンイエロー、リーフグリーン、スカイブルーと同じイメージかなという感じでした。

ビビットのセットの方は、マゼンタ、オレンジ、ティール、パープルで、オレンジは色をきっちりオレンジにしたい事が多いから、このパッケージだと色を足すのにすごく楽チンです。

スマートで作業台もすっきりだし、クリーンに保ててかなり気に入りましてすでにだいぶ使っています。

cakeby.jp garland cake

Magenta(マゼンタ)とTeal(ティール)は現行カラーにない色なんですが、
マゼンタは明るく鮮やかなピンクで、ティールの方は、青緑で、真鴨色(まがもいろ)って呼ばれる色です。
パッケージのスペイン語表記だとターコイズブルーなので、そっちの方がしっくりきました。
都会的な色のセットです。

ケーキはマゼンタ、ティール、パープル、イエローを使ってみました。
ティールはちょっと色をつけすぎまして、、、ホワイトホワイト(これも新商品)で少し色を戻しました。

ホワイトカラーもいろんなメーカーのもの買えると思いますが、この滴下で入れられるタイプが使いやすいです。
バタークリームや、マカロンみたいに普通に作るとアイボリーになるものを真っ白にしたり、着色しすぎた時のリカバリー用に使われる事が多いです。単体では完全に乾くものではないので、直接ホワイトマーカーみたいに使うよりは、普通に着色料として使うのが良さそうです。

cakeby.jp garland cake

[掲載お知らせ]My cakes are on SPUR.JP SPUR.JPに掲載いただいてます

Facebookやインスタとご紹介のタイミングずれてましてすみませんが。

SPUR.JPにご掲載いただいてます。

【SPUR】見た目も味もおしゃれに進化! NEWSなウェディングケーキ集

お声がけいただいて少し舞い上がりました。
提案ベースのまま載せて頂けてとても嬉しく。

cakeby.jp ribbon cake

リボンのエッジにゴールド効かせています。

cakeby.jp rose cake

プリムローズ+ローズのブーケの方も、シンプルな色にしました。

原色の企画ものも嫌いじゃないんですが、色数が少ないのも好きなんですよね。

いづれにしても、ウエディングケーキはロマンチックの極みを目指したいです。

ケーキデレーションを始めた頃からずっと憧れてて、ここで働けたらなぁ〜って思っていたお店も同じ特集に掲載されています。
本当にうっとりします。もう少し、がんばらなくては。

ありがとうございました。

Project report -L’ecole Vantan High shool レコールバンタンハイスクールとアドベンチャータイム

ファッション、ヘアメイク、グラフィック、映像、フォトグラフィなど、クリエイティブ分野の学校「バンタンデザイン研究所」のイベント「カッティングエッジ2016」が10月16日、恵比寿のEBiS303にて行われました。

img_about03

食の分野ではレコールバンタンのFood Design Collection2016も同時開催され、学内審査を勝ち抜いた在校生チームによるスイーツ・カフェのオリジナル商品の提供がされました。

さらに、その中からコンテスト。私も一票を投じてまいりました。
20161017_vantanec2016_lecole-1
(それぞれ、製菓、調理、カフェのコースの学生さんたちのクリエイションです。)

ダロワイヨジャポンと共同開発のマカロン3種も美味しかったです。

 

私が夏から参加させてもらっているレコールバンタン高等部の製菓クラスは、アドベンチャータイムとグラフィック科とのPRプロジェクト「アドベンチャータイムカフェ」でアニメの世界観を表現したスイーツを提供しました。
学生の作品です。素晴らしかったので、是非ご覧いただきたい。

20161017_vantanec2016_lecole-img_6729

20161017_vantanec2016_lecole-img_6731

20161017_vantanec2016_lecole-img_6732

20161017_vantanec2016_lecole-img_6735

20161017_vantanec2016_lecole-img_6736

20161017_vantanec2016_lecole-img_6737

20161017_vantanec2016_lecole-img_6742

20161017_vantanec2016_lecole-img_6743

20161017_vantanec2016_lecole-img_6745

プロジェクトを通して、ディレクター的な役割になる学生、作業に徹する学生、裏方的なとこ進めて時間内に収まるよう努める学生、当日のお客様対応が光る学生と、いろいろ見えてきまして、高校生ってこんなに能力に溢れているのかと驚きました。

講師としてというよりは、一緒にプロジェクトを完遂しようというつもりで過ごさせてもらいました。
実際、私のアドバイスの判断ミスをリカバリーしてくれた場面が多々あり、もちつもたれつの関係だった気がします。

さて、そんな素晴らしい学生たちのディスプレイとスイーツだったんですが、アドベンチャータイムをご存じない方のためにキャラ説明をカッコで入れつつ、せっかくなので味の方をご紹介します。

20161017_vantanec2016_lecole-img_6752

カップケーキは
クリームチーズをフィリングしたオレオ味のレディ・レイニコーン(虹色の生き物)
ヘーゼルナッツがザクザクのフィン(主人公の白い帽子の男の子)
かぼちゃペーストとパンプキンシードのジェイク(フィンの親友のオレンジ色の犬)
フランボワーズのプリンセス・バブルガム(ピンク髪色のお姫様)
小さいカップケーキで作ったキャラたちはプレーン味。

アイシングクッキーは
ジェイクはかぼちゃ
フィンはシナモン
プリンセス・バブルガムとビーモ(緑色のゲーム機)はココア味。

ケーキポップスは
クリームチーズとマカダミアナッツのフィン
オレンジピールを使ったジェイク
フリーズドライいちごといちごパウダーのバブルガムプリンセス
レモンピールの爽やかアイスキング(アイス王国の王様)
ガンター(ペンギン)はなんとソーダ味のパチパチキャンディーが入ってます。

学生の製菓技術と知識の引き出しに優秀さを感じつつ、レコールバンタンのシェフ講師のみなさんにも本当に御礼申し上げます。

いったん、これで担当したクラスが一区切りつき、ちょっと寂しいですが、引き続きお仕事頑張っていきたいと思います。

VANTAN CUTTING EDGE 2016 | バンタンカッティングエッジ 2016

アドベンチャータイム
公式サイト:https://www.cartoonnetwork.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/AdventureTimeJP
公式Facebook:https://www.facebook.com/adventuretime.jp/

ICES Annual Convention and Show2016 ICES総会2016に行ってきました

あ、、、

という間に10月に。

8月のNYの後に行ったアラバマ州モービルでのICESコンベンション&ケーキショー(ケーキデコレーション愛好家の年イチ総会)International Cake Exploration Societéの事を書き逃していましたので、急ぎ足で書いてみます。

毎年開催される地方が変わるのですが、今年はアラバマ州モービルで。NYからはアトランタ乗換えで5時間ほど。モービルの空港からコンベンションセンターのあるとこまでタクシーで40分かけて移動しました。NYから打って変わって、タクシーのおばちゃんがその不便さに文句をいうほどののどかな田舎。でもそこがまた良かったです。

20161005_ices2016_img_5926

20161005_ices2016_img_5925

アメリカらしく、会場の設定温度が16度。8月なのに手がしびれるほど寒い。機内用に持ってきてたインナーダウンを着込んでました。8月なのに(笑)
疲れてたのと相まって体調が変になり、隣接ホテルのベッドと会場を行き来して、今回、半分はホテルにいたかもしれません。
でもホテルがとてもゴージャスで居心地が良かったので、くつろげました。(ICESが会期中借り上げてるらしく、部屋は広いけど宿泊費は普通の値段でした :))

20161005_ices2016_img_5918

会場は広く、クラス、デモ、ケーキショー、食事会、販売会などなどがコンベンションセンターで開催されました。

20161005_ices2016_img_5936

バンケットルームに全員集まるとこんな感じで、、、たくさん。
日本ケーキデコレーション協会の認定講師の皆さんとも知り合いになれて、とても楽しく過ごせました!協会の方には今年も航空券からホテルから翻訳などいろいろ細かくお世話していただいて、行き届いたご手配に感謝しています。

20161005_ices2016_img_6042

2年前のICESでは、流行り始めのWafer Paper(ウエハーペーパー)のローズのクラスとか、シュガーフラワーのアレンジメント方法のクラスに出てきましたが、今年もWafer Paperのローズのクラスに出てきました。
今年うけた先生は、クラフトパンチでペーパーを切って、水で貼り付け&成形して、カラーダストで色付けでした。

20161005_ices2016_img_5968

20161005_ices2016_img_5992

成形方法も勉強になったし色付けがカラーダストでやりやすい。
先生のサンプルが素敵でした。今はただの真似事なので、もうちょっと咀嚼して精進したいと思います。

ケーキの展示ブースには、たくさんケーキが並んでました。でもちょっといい写真が撮りずらかったので、センターピースになってたケーキを

20161005_ices2016_img_5946

これを作ったチームの、ウェディングケーキのライブデモを見てきました。

20161005_ices2016_img_5995

カバーリング済みのケーキに準備済みのモールドを4人がかりでバシバシつけていきます。スピード感がすごい!(絞りは使わずに、全部モールド仕上げ。最後の仕上げはショーになるなと思いました。ほんとに)

私が持ってった高さ25cmほどの小さいケーキ。負けないほどのスピード感で作りましたが、移動や、会場での見栄えや技術の足らなさとか、たくさんのケーキと並べることでいろいろ勉強になりました。

20161005_ices2016_img_5564

それから、ニコラス・ロッジのクラスにも出ました。恥ずかしながら四谷に日本クラスがあるのを最近知りまして、、、本当にお恥ずかしながら、うっかりうろ覚えの伝聞を信じており、だいぶ前のブログに「日本にクラスがあった頃に通ってた人が羨ましい」とか書いたんですが、今だって都内にあるから行けばいいじゃんという感じです。
動画配信で「日本の〜。日本の〜。」ってやたら言ってる時点で調べればよかったです。

20161005_ices2016_img_5951

ニコラス・ロッジのクラスは、先生のも、生徒のも、ワークスペースがビシッと整ってて、そのクラス準備に感動しました。得られる情報も多く、教育でありながら「もてなし」で、細かいとこ、本当に勉強になりました。本当に初心に戻り、生徒として楽しめ、先生に声をかけてもらってドギマギするという気持ちを久しぶりに味わいました。

今、私は拠点がないので、教えるとなったらホストしてくれる場所に出向いてやる格好なんですが、そうなるとどうしても、不慣れが出てしまう。道具や材料をその場所に合わせる事もあるし、開始時間ちょうどに場所が空くとかだと、準備きっちりやりたいけど、できない。不備がないか気にしちゃって生徒さんに気持ちが行き届かないこともある。教室に所属してた頃に比べてどんどん雑になっていく気がして、もう自分が足りてない感じの反省ばかりです。でも、呼んでもらえたら本当に嬉しいし、私が環境に合わせられるようになりたい。と思ってます。雑草マインドで。
反省しても、次こそは、って感じでなんとか、経験をシェアしていきたいです。

話がそれたので、この辺で終わります。最後に恒例の、地元スーパーの製菓コーナーのチェック。

20161005_ices2016_img_5957

20161005_ices2016_img_5958

ただただ、羨ましい(笑)
楽しかったです(笑)

さて8月はこのあと、また台湾にお招きいただき2都市でレッスンしてきました。
台湾のサプライヤーも覗いてきたので、それはまた、機会をみて書きたいと思います。