「NOTEBOOK」カテゴリーアーカイブ

Small talk つれづれに近況報告です

ブログどころかSNSの更新も滞っておりましたがなんとか盛り返してきました!
1月から5月にかけて、とにかく打ち合わせて作って持ってってっていうのを繰り返していました。菓子製造業から営業届出を変えたせいで販売はディスプレイ用のみにも関わらずです。本当にありがたいです。
拠点にしてる住まいが渋谷近くという場所柄だと思うのですが、本当にラッキーなことだなと思います。

はじめはプロジェクト的な関わりでお世話になった専門学校でも担当範囲が増えて、他分野の講師の方々とお会いする機会もでてきました。

そこで、改めて自分の職業を説明するわけですが、なんだかいつもしどろもどろになるという(笑)
私の職業って一言でいうとなんだろー。っていう。
(いちお、ケーキデコレーターです。と挨拶しております。)

営業してたキッチンは引き払ってしまったのでケーキ屋でもなく、なんとか、継続可能な環境でケーキデコレーションにしがみついておりますが、果たして、食べないケーキにどうやって折り合いをつけたらいいのか。
(ケーキデコレーションは「食べれるからこそのロマン」と、あんだけ言ってたのに、食べものを正々堂々と販売するのがあんなに大変だったなんて!!(←主にテナントの維持費))

とかなんとか、すぐに考え込む癖があるんですが、それでもラッキーに次ぐラッキーの連続でここまでやってこれたので、これからもラッキーに期待しております。楽しみつつ淡々と頑張っていきたいと思います!

ちなみに、ウエディングケーキはシュガークラフトで作る意味がちゃんとありまして、
その昔、砂糖自体が高価で貴重な時代から、専門の職人によって技術を駆使して作られるウエディングケーキは富や繁栄を約束するアイテムなのです。祝福のアイコンとしての意味があるんですよね。
なので、シュガー装飾のウエディングケーキ、ケーキ入刀やウェルカムスペースにおすすめです。

シュガー装飾に対応してくれる会場や、洋菓子店も徐々に増えてきてるようです。今、技術支援してる洋菓子店でもフォンダンカバー+シュガークラフトのケーキが出るようになってきたようです。

自分が埋もれてしまう心配を感じつつ、全体としては多様性や選択肢が広がって素敵ではないか!という思いです。

来週お届けのウエディングケーキの微調整が悩ましく、うっかりまたダラダラと書いてしましましたが、ご依頼がくるのは本当にありがたいです。
自分なりの働き方の形を見つけられるように、また、ケーキデコレーションが好きで小さい規模感での商いを考えてるっていう方のヒントになれるように、粛々とやっていきたいと思います。

写真がないのもあれなので、今の作業スペースです。(格好つけてもしょうがないのでね)完全なる「ザ・台所」で作っているんですが、ステンレスのワークトップがとても気に入っています。

Taiwan sugar trip 台湾あれこれ

先日また台湾に行ってまいりました。毎回慌ててダーっと行ってダーっと帰ってきてたらいつの間にか4回目となりました。一回目が飛行機欠航でまー大変で、まさか、これほど行くことになるとは思わなかったので、今頃ブログに書いてます。毎回タフな状況を目の当たりにするんですが、最終的に楽しく帰ってきて、台湾がどんどん好きになってます。

私は海外文化に興味があると言いながら、欧米文化の事ばかり見ていて、正直アジアに目を向けた事があまりなかったんですよね。韓国行き来した時期や、台湾の留学生と仲良くした学生時代もありますが、あまり国を意識した付き合いでもなく。
でも今、英会話はフィリピンの人に教えてもらってるし、台湾のケーキの友達と頻繁にやり取りしています。同じアジアの人々と接する割合が増えてきました。それで、英会話の先生の洗練された会話の内容とか、台湾の友達の熱量とセンスに接して、かなり価値観が変わってきました。

さて、毎回あまり観光らしい観光していないんですが、ケーキデコレーション好きの人が行くならここいけば楽しいよ!というところをいくつか行ってきたので台湾に行かれる方、良かったら参考にしてください。
地下鉄(MRT(捷運))の乗り方とかは、台北ナビに詳しいです。

MRT(捷運) | 台北ナビ

おすすめその1:
大福烘焙蛋糕裝飾專門店(台北)
ダフデコレーション
MRTの淡水信義線 象山駅(Xiangshan Station)から徒歩10分くらい。

これは店ですか?っていう入口ですが、中に入ると天国です。
PME、Wiltonからノンブランド品まで。道具の品揃えは日本の専門店(ウィッチクラフトとかキッチンマスターとか東洋商会おかしの森)の方がいいかと思いますが窓付きボックスは日本で買えない可愛いボックスがたくさんあってテンション上がります。日本とカブってない商品もあるし。あとはノンブランド品を見て触って品定めできるところと、オリジナルのダフ製のフォンダンが結構良かったです!
台湾では最初CarmaというメーカーのMassa Ticinoというロールフォンダンを使ってたんですが、2回目からこちらになりました。そして今回改良版で香りがついてまして。ストロベリーのいい香りでした。
伸びがよく、かといってベタベタしすぎず、湿度の高い台湾に合わせて作ってあるんですかね。良いです。
個人利用でおすすめです。

(写真了解いただきました。)

さて毎度脱線多いんですが、フォンダンは今までWiltonCarmaSatin Iceを使ってみましたが、なんやかんやで今は自作フォンダンにWiltonを混ぜたもので落ち着いてます。

あとですね、最近「ロールドバタークリーム」とか「バタークリームフォンダン」っていう名前のものが気になってます。どうやら主にコーンシロップとバター(またはショートニング)、粉砂糖、あといろいろを少々ずつ入れて練ったものらしいです。ロールフォンダンと同じように使うらしい。手元にサンプルあるのでいつか試そうと思ってたらだいぶ硬くなってます、、、。

 

おすすめその2:
糖藝術工房
タイペイシュガーアート
MRT松山新店線 松江南京駅から徒歩5分くらい

サンディ先生(PME師範)とジミー先生(Wilton師範)の正統派教室。という感じのお教室兼販売店。行った時は閉まっており、ウロウロしてたらどこぞやから男性が出てきてくれまして、店を開けてくれました。しばらく、ぎこちないやり取りのあと、日本語が話せるジミー先生だと分かり、話し込んで奥の教室の方まで。日本の知り合いの先生の話とか、何やってるの?へぇ〜ケーキ作ってるんですね。3Dとかやってる?こういうの作れる?習いにきたらいいのに。なんていう話をして、教室のパンフレットを頂きました。日本の先生とのやりとりがたくさんあるようです。私の方が日本の有名な先生のこと教えてもらった形でした!
ニコニコでものすごいホスピタリティ。思わず道具を買いました。
イギリスのメーカーのものとWiltonの道具が取り扱いのメインでした。
教室オリジナルのフローラルテープカッター(シュレッダー)(テープ幅をカットするあれです)が良さそうでした。
とにかく展示のケーキのレベルがすごかったです。

(写真了解いただきました。)

 

タクシー乗ってたら窓から見えたのは
焙芸遊
ベイク・イット・ユアセルフ
こちらも道具のサプライとクラス運営されてたそうですが、閉店済みとのこと。

 

そして
宮原眼科店 (台中)
ミヤハラガンカ
台鉄 台中駅 すぐ

台北ナビのガイドページがわかりやすい → 宮原眼科(台中市) | 台湾グルメ・レストラン-台北ナビ

道具店ではありませんが、台中行ったらマストゴーです。ハイファッション誌でも紹介されるスイーツショップ。
世界観。人だかり。すごかった。
混雑とパッケージと内観に目がくらむ思いでした。
テンション上がりました。シーズンごとに変わるという制服が可愛すぎる。何から何まで可愛すぎる。
しかしあまりの混雑に再び行けるかどうかは分かりません。一回目のテンション上がりきったところでガンガン買う。ガンガン写真撮る。それが正解な気がします。

あとは、なんだろうな、全然砂糖と関係ない話なんですが、両替は、台湾で。とにかくご飯が美味しい。交通費が安い。いろんな国の統治を経て成り立っているからか、建物が素敵です。

あと、もう一つ大事なことを言いたい。今回、3月11日に台湾にいたわけですが、6年前の地震のこと、今でも心配してくれました。

以上台湾情報でした。文章長すぎ。すみません。
また行きたいです。

Thank you and Merry Christmas

CAKEBY Hello December

今年も残すところあと数日となりました。

今年は後半に入りぐっと海外での用事が増えて、刺激的な一年でした。
せっせと造作したテナントを今年初めに退去しましてですね。自宅制作に戻り、喪失感もそれなりにありましたが、いろんなお声がけに助けられてケーキデコレーションに関わり続けることができて、ほんとに良かった〜。と思っております。

とにかく、「あー、良かったぁ〜」という感じです(笑)
元気に一年過ごせたし、また来年もがんばります。

ご依頼をくださった皆さん、レッスンや授業に参加してくださった生徒さんや学生の皆さん、お友達、関係者のみなさん、サポートしてくれた旦那さん、今年も本当にありがとうございました。

メリークリスマス!
皆さんがよいお年を迎えられますように。

Time goes so fast. I can’t believe that this year is almost over.

I can say that it was a really exciting year for me this 2016. “Cake trip” to NY and Alabama. And also I started to teach cake decorating at a culinary vocational school and Taiwan.

To be honest, it was a painful decision that I left my kitchen office early this year. But now I’m enjoying cake decorating again. I’m lucky.

Thank you for my customers, students, family and friends.

Merry Christmas!
Junko Uesugi

Garland cake と新しいウィルトンカラー

またカラーの話か、、、という感じで恐縮ですが、、、。

cakeby.jp garland cake

Wiltonのジェルカラーに新しいボトルパッケージが。
ドロップタイプで、爪楊枝がいらないタイプです。

爪楊枝での着色って少し面倒になってくる時があって。
アメリカラーとかマコーミックのドロップタイプいいな〜と思ってたので、待ってましたという感じです。Wiltonクラスに買い物に行った時、ちょうど内覧会をやっていて、サンプルで使われてたの見て良さそう!って思ってたんですよね。

「パステル」と「ビビット」各4色。
パステルセットの方の色はピンク、イエロー、グリーン、ブルーでとりあえずこれを持っておけばOKかなというセットで、ジャータイプの(いつもの爪楊枝で使うタイプの)ピンク、レモンイエロー、リーフグリーン、スカイブルーと同じイメージかなという感じでした。

ビビットのセットの方は、マゼンタ、オレンジ、ティール、パープルで、オレンジは色をきっちりオレンジにしたい事が多いから、このパッケージだと色を足すのにすごく楽チンです。

スマートで作業台もすっきりだし、クリーンに保ててかなり気に入りましてすでにだいぶ使っています。

cakeby.jp garland cake

Magenta(マゼンタ)とTeal(ティール)は現行カラーにない色なんですが、
マゼンタは明るく鮮やかなピンクで、ティールの方は、青緑で、真鴨色(まがもいろ)って呼ばれる色です。
パッケージのスペイン語表記だとターコイズブルーなので、そっちの方がしっくりきました。
都会的な色のセットです。

ケーキはマゼンタ、ティール、パープル、イエローを使ってみました。
ティールはちょっと色をつけすぎまして、、、ホワイトホワイト(これも新商品)で少し色を戻しました。

ホワイトカラーもいろんなメーカーのもの買えると思いますが、この滴下で入れられるタイプが使いやすいです。
バタークリームや、マカロンみたいに普通に作るとアイボリーになるものを真っ白にしたり、着色しすぎた時のリカバリー用に使われる事が多いです。単体では完全に乾くものではないので、直接ホワイトマーカーみたいに使うよりは、普通に着色料として使うのが良さそうです。

cakeby.jp garland cake

ICES Annual Convention and Show2016 ICES総会2016に行ってきました

あ、、、

という間に10月に。

8月のNYの後に行ったアラバマ州モービルでのICESコンベンション&ケーキショー(ケーキデコレーション愛好家の年イチ総会)International Cake Exploration Societéの事を書き逃していましたので、急ぎ足で書いてみます。

毎年開催される地方が変わるのですが、今年はアラバマ州モービルで。NYからはアトランタ乗換えで5時間ほど。モービルの空港からコンベンションセンターのあるとこまでタクシーで40分かけて移動しました。NYから打って変わって、タクシーのおばちゃんがその不便さに文句をいうほどののどかな田舎。でもそこがまた良かったです。

20161005_ices2016_img_5926

20161005_ices2016_img_5925

アメリカらしく、会場の設定温度が16度。8月なのに手がしびれるほど寒い。機内用に持ってきてたインナーダウンを着込んでました。8月なのに(笑)
疲れてたのと相まって体調が変になり、隣接ホテルのベッドと会場を行き来して、今回、半分はホテルにいたかもしれません。
でもホテルがとてもゴージャスで居心地が良かったので、くつろげました。(ICESが会期中借り上げてるらしく、部屋は広いけど宿泊費は普通の値段でした :))

20161005_ices2016_img_5918

会場は広く、クラス、デモ、ケーキショー、食事会、販売会などなどがコンベンションセンターで開催されました。

20161005_ices2016_img_5936

バンケットルームに全員集まるとこんな感じで、、、たくさん。
日本ケーキデコレーション協会の認定講師の皆さんとも知り合いになれて、とても楽しく過ごせました!協会の方には今年も航空券からホテルから翻訳などいろいろ細かくお世話していただいて、行き届いたご手配に感謝しています。

20161005_ices2016_img_6042

2年前のICESでは、流行り始めのWafer Paper(ウエハーペーパー)のローズのクラスとか、シュガーフラワーのアレンジメント方法のクラスに出てきましたが、今年もWafer Paperのローズのクラスに出てきました。
今年うけた先生は、クラフトパンチでペーパーを切って、水で貼り付け&成形して、カラーダストで色付けでした。

20161005_ices2016_img_5968

20161005_ices2016_img_5992

成形方法も勉強になったし色付けがカラーダストでやりやすい。
先生のサンプルが素敵でした。今はただの真似事なので、もうちょっと咀嚼して精進したいと思います。

ケーキの展示ブースには、たくさんケーキが並んでました。でもちょっといい写真が撮りずらかったので、センターピースになってたケーキを

20161005_ices2016_img_5946

これを作ったチームの、ウェディングケーキのライブデモを見てきました。

20161005_ices2016_img_5995

カバーリング済みのケーキに準備済みのモールドを4人がかりでバシバシつけていきます。スピード感がすごい!(絞りは使わずに、全部モールド仕上げ。最後の仕上げはショーになるなと思いました。ほんとに)

私が持ってった高さ25cmほどの小さいケーキ。負けないほどのスピード感で作りましたが、移動や、会場での見栄えや技術の足らなさとか、たくさんのケーキと並べることでいろいろ勉強になりました。

20161005_ices2016_img_5564

それから、ニコラス・ロッジのクラスにも出ました。恥ずかしながら四谷に日本クラスがあるのを最近知りまして、、、本当にお恥ずかしながら、うっかりうろ覚えの伝聞を信じており、だいぶ前のブログに「日本にクラスがあった頃に通ってた人が羨ましい」とか書いたんですが、今だって都内にあるから行けばいいじゃんという感じです。
動画配信で「日本の〜。日本の〜。」ってやたら言ってる時点で調べればよかったです。

20161005_ices2016_img_5951

ニコラス・ロッジのクラスは、先生のも、生徒のも、ワークスペースがビシッと整ってて、そのクラス準備に感動しました。得られる情報も多く、教育でありながら「もてなし」で、細かいとこ、本当に勉強になりました。本当に初心に戻り、生徒として楽しめ、先生に声をかけてもらってドギマギするという気持ちを久しぶりに味わいました。

今、私は拠点がないので、教えるとなったらホストしてくれる場所に出向いてやる格好なんですが、そうなるとどうしても、不慣れが出てしまう。道具や材料をその場所に合わせる事もあるし、開始時間ちょうどに場所が空くとかだと、準備きっちりやりたいけど、できない。不備がないか気にしちゃって生徒さんに気持ちが行き届かないこともある。教室に所属してた頃に比べてどんどん雑になっていく気がして、もう自分が足りてない感じの反省ばかりです。でも、呼んでもらえたら本当に嬉しいし、私が環境に合わせられるようになりたい。と思ってます。雑草マインドで。
反省しても、次こそは、って感じでなんとか、経験をシェアしていきたいです。

話がそれたので、この辺で終わります。最後に恒例の、地元スーパーの製菓コーナーのチェック。

20161005_ices2016_img_5957

20161005_ices2016_img_5958

ただただ、羨ましい(笑)
楽しかったです(笑)

さて8月はこのあと、また台湾にお招きいただき2都市でレッスンしてきました。
台湾のサプライヤーも覗いてきたので、それはまた、機会をみて書きたいと思います。