Small talk つれづれに近況報告です

ブログどころかSNSの更新も滞っておりましたがなんとか盛り返してきました!
1月から5月にかけて、とにかく打ち合わせて作って持ってってっていうのを繰り返していました。菓子製造業から営業届出を変えたせいで販売はディスプレイ用のみにも関わらずです。本当にありがたいです。
拠点にしてる住まいが渋谷近くという場所柄だと思うのですが、本当にラッキーなことだなと思います。

はじめはプロジェクト的な関わりでお世話になった専門学校でも担当範囲が増えて、他分野の講師の方々とお会いする機会もでてきました。

そこで、改めて自分の職業を説明するわけですが、なんだかいつもしどろもどろになるという(笑)
私の職業って一言でいうとなんだろー。っていう。
(いちお、ケーキデコレーターです。と挨拶しております。)

営業してたキッチンは引き払ってしまったのでケーキ屋でもなく、なんとか、継続可能な環境でケーキデコレーションにしがみついておりますが、果たして、食べないケーキにどうやって折り合いをつけたらいいのか。
(ケーキデコレーションは「食べれるからこそのロマン」と、あんだけ言ってたのに、食べものを正々堂々と販売するのがあんなに大変だったなんて!!(←主にテナントの維持費))

とかなんとか、すぐに考え込む癖があるんですが、それでもラッキーに次ぐラッキーの連続でここまでやってこれたので、これからもラッキーに期待しております。楽しみつつ淡々と頑張っていきたいと思います!

ちなみに、ウエディングケーキはシュガークラフトで作る意味がちゃんとありまして、
その昔、砂糖自体が高価で貴重な時代から、専門の職人によって技術を駆使して作られるウエディングケーキは富や繁栄を約束するアイテムなのです。祝福のアイコンとしての意味があるんですよね。
なので、シュガー装飾のウエディングケーキ、ケーキ入刀やウェルカムスペースにおすすめです。

シュガー装飾に対応してくれる会場や、洋菓子店も徐々に増えてきてるようです。今、技術支援してる洋菓子店でもフォンダンカバー+シュガークラフトのケーキが出るようになってきたようです。

自分が埋もれてしまう心配を感じつつ、全体としては多様性や選択肢が広がって素敵ではないか!という思いです。

来週お届けのウエディングケーキの微調整が悩ましく、うっかりまたダラダラと書いてしましましたが、ご依頼がくるのは本当にありがたいです。
自分なりの働き方の形を見つけられるように、また、ケーキデコレーションが好きで小さい規模感での商いを考えてるっていう方のヒントになれるように、粛々とやっていきたいと思います。

写真がないのもあれなので、今の作業スペースです。(格好つけてもしょうがないのでね)完全なる「ザ・台所」で作っているんですが、ステンレスのワークトップがとても気に入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です