「Peony」タグアーカイブ

[掲載お知らせ]ウエディングパークマガジン Water paint cake 水彩ペイントのケーキ

大振りのファンタジーピオニーを乗せた水彩ペイントのケーキです。グリーンのペイントはちょっと珍しいかもですがこれからの季節には良さそうです。

このケーキと直近で作ったケーキを合わせて3つ、ウエディングパーク様のウエディングパークマガジンに掲載いただいております。ご掲載嬉しい限りです。

海外発!ウエディングケーキの新デザイン*“にじみケーキ”がかわいすぎる!

ウエディングパークマガジンはご結婚準備中の方以外でも面白いテーマがが多いので、是非下記画像リンクよりどうぞ!

さて!明日から久しぶりに台湾にてクラスです。
早いもので4回目です。今回も2都市で楽しくやってまいります。

その間、お問い合わせのお返事遅くなりがちかと思いますが、何卒ご了承くださいませ。すみません。
どうぞよろしくお願い致します。

Peony on polka dots cake ポルカドットとピオニーのケーキ

ピオニーのケーキです。
女性への褒め言葉で「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」なんて言葉もありますよね。
アメリカだと牡丹も芍薬も一般的に「ピオニー」らしく。両方ともボタン科なんですが牡丹は木、芍薬は草だそうです。
葉っぱも違うので似て非なるいとこみたいなとこでしょうか。品種が多く派手でパッと目を引く美しさ。

お花については調べたらキリがない感じで、図鑑が大変なことになってきました。私はわりと、自己流のファンタジーフラワー(実在しない花)を作る事も多いんですが、園芸や華道がジャンルとして歴史がある理由が良くわかる。調べたり覚えたり練習すべきことが多いともはや学問ですよね。なかなか手が出せません。

お花やケーキ、、、

LANケーブル引き回して社内システムと格闘してたほんの10年前まではあんまり興味なかったんだけどな、、、と思ってたんですが、高校生の時はなぜか途中から華道部に入って草月流習ってたんでした。部活の日は(確か週イチ)お花抱えて電車乗ってました。
自分でも意外でなぜ華道部に入ったのか思い出せません。そして忘れてました。お隣の茶道部のお菓子目当てか、それとも週イチっていうところに魅力を感じたのか。

思い出話が長くなりそうなのでこの辺で。

ホワイトクリスマスローズのウェディングケーキ

20150625-white-christmas-rose-11

あっという間に1ヶ月以上経ってしまいましたが、5月にお届けした入刀用のウェディングケーキです。

ご依頼主の花嫁さんから頂くメールには毎回ストーリーが。
メールが届くたびに胸が熱くなりました。

会場の雰囲気、ドレス、ヘッドアクセ、インビテーションカード、装花などなど、、、たくさんのプランを共有していただき、一緒にデザインを考えていきました。

20150625-white-christmas-rose-2

中心に配置したシュガーのブーケにはお母様が育ててらっしゃるホワイトクリスマスという品種のローズをベースに、会場装花のプランに合わせて芍薬やハーブを組み入れました。

シュガーのブーケは時間と技術が要りますが、それだけにやり甲斐があって学びも多く楽しい作業ですし、シュガーで作るからこその祝福や繁栄の願いを込められますし、気合が入ります!

20150625-white-christmas-rose-3

ケーキトッパーは、海外のブライダル用ジュエリーショップから取り寄せたものだそうです。
ビジューがとても美しかったです。

トッパーに合わせて少し銀箔をいれてみました。

20150625-white-christmas-rose-4

お祝い事に関われる事に改めて幸せを感じました。

ありがとうございました。
末長く、お幸せに。

—————————
ケーキ:シュガークラフト(入刀用)
大きさ:高さ約40cm(スタンド、トッパー除く)