「wilton」タグアーカイブ

Garland cake と新しいウィルトンカラー

またカラーの話か、、、という感じで恐縮ですが、、、。

cakeby.jp garland cake

Wiltonのジェルカラーに新しいボトルパッケージが。
ドロップタイプで、爪楊枝がいらないタイプです。

爪楊枝での着色って少し面倒になってくる時があって。
アメリカラーとかマコーミックのドロップタイプいいな〜と思ってたので、待ってましたという感じです。Wiltonクラスに買い物に行った時、ちょうど内覧会をやっていて、サンプルで使われてたの見て良さそう!って思ってたんですよね。

「パステル」と「ビビット」各4色。
パステルセットの方の色はピンク、イエロー、グリーン、ブルーでとりあえずこれを持っておけばOKかなというセットで、ジャータイプの(いつもの爪楊枝で使うタイプの)ピンク、レモンイエロー、リーフグリーン、スカイブルーと同じイメージかなという感じでした。

ビビットのセットの方は、マゼンタ、オレンジ、ティール、パープルで、オレンジは色をきっちりオレンジにしたい事が多いから、このパッケージだと色を足すのにすごく楽チンです。

スマートで作業台もすっきりだし、クリーンに保ててかなり気に入りましてすでにだいぶ使っています。

cakeby.jp garland cake

Magenta(マゼンタ)とTeal(ティール)は現行カラーにない色なんですが、
マゼンタは明るく鮮やかなピンクで、ティールの方は、青緑で、真鴨色(まがもいろ)って呼ばれる色です。
パッケージのスペイン語表記だとターコイズブルーなので、そっちの方がしっくりきました。
都会的な色のセットです。

ケーキはマゼンタ、ティール、パープル、イエローを使ってみました。
ティールはちょっと色をつけすぎまして、、、ホワイトホワイト(これも新商品)で少し色を戻しました。

ホワイトカラーもいろんなメーカーのもの買えると思いますが、この滴下で入れられるタイプが使いやすいです。
バタークリームや、マカロンみたいに普通に作るとアイボリーになるものを真っ白にしたり、着色しすぎた時のリカバリー用に使われる事が多いです。単体では完全に乾くものではないので、直接ホワイトマーカーみたいに使うよりは、普通に着色料として使うのが良さそうです。

cakeby.jp garland cake

NY旅行記-3 販売店編

NY旅行記その3です。
その1その2

3日目の終わりに、ベーキングとケーキデコレーションの販売店で教育もしているNY Cakeと、Michaelsに行ってきました。

まずNY Cake。

20160901-ny3-nycake1

外観こんな感じです。黒白と、鮮やかなフーシャピンクがNYらしくてすてきです。ショーウィンドウも大きい。

20160901-ny3-nycake2

mimicafe UnionのSachikoさんのフォンダンフィギュアも店頭に飾ってありました。コンテストの受賞作品です。自由の女神がRon Ben Israel CakesのRon、リトルブラックドレス着てるのがNY CakeのファウンダーのLisa、タクシーから顔だしてハーフパウンドクッキー持ってるのが、City CakesのBennyです。NYのケーキスター。

20160901-ny3-nycake8

品揃え天国。

20160901-ny3-nycake3

20160901-ny3-nycake5

デモブースと教室

20160901-ny3-nycake4

20160901-ny3-nycake6

展示のケーキ

20160901-ny3-nycake7

もう一度学び直したい気分に駆られながら、こういう文化に触れることができて最高だなと思いました。

とにかくなんでも買えそうな感じのお店でした。

 

—Michaels Store—

NY Cakeから徒歩1分くらいのところにMichealsがあります。クラフトショップというかというかホームセンターというか、東急ハンズみたいなそんな感じで、全米にチェーン展開しています。各ストアにはガラス張りのクラスルームがあって、ペーパークラフトとかペインティングとかケーキデコレーティングとかの手芸クラスをやっています。

ここではケーキデコレーティングといえばWiltonで、クラス=Wiltonクラスです。

20160901-ny3-micheals1

20160901-ny3-micheals2

20160901-ny3-micheals3

20160901-ny3-micheals7

体験クラスの告知が貼ってあったので、レジの人に言って入らせてもらいました。
ボトル入りのクリーム(日本でも一瞬入荷してた、クッキーアイシングボトル)を使ったクッキーアイシングのクラスでした。

20160901-ny3-micheals5

20160901-ny3-micheals6

インストラクターによると思うんですが、日本のクラスよりカジュアルだなーって思いました。いろいろカジュアルで、楽しかったです。

NY CakeとMicheals、すごく近いのもあって、やっぱりお客さんも両方を行き来してるんだそうです。(NY Cakeのレジの人談)

という感じで、ケーキ関係で行ったところは、おおかたご紹介できたかなと思います(^-^)

あとは、番外編をちょっとだけ書きたいと思います。

Wilton International Cake Decorating Contest用に作ったケーキ

wilton85 rose of anniv

しばらくブログの投稿の時系列がおかしくなりそうですけども、是非書いておきたいのをあれこれとアップして行きたいと思います。

元のブログの方で書いた、Wiltonケーキコンテストと展示会は11/20をもって盛況に終了いたしまして、会期中、いろんな方に会えました。
審査の日には授賞式&プレスパーティーというのがあり(Wiltonスクールからの出品は全員受賞ならず!これからも精進いたします!)、皆さんに会えて、良かったです(^-^) 

受賞作品もその他の作品も本当にすごかったです。ため息が出ました。

さて、私のケーキはこんな感じでした。

wilton85 rose of anniv

11月は体力気力の山場で、参加するの迷いましたが、結果、参加してとても良かったと思いました。作ったケーキが審査という形で評価されるのも、緊張感があって良いです。厳しい評価も聞きましたが、身が引き締まり、励みになりました。

グランプリ作品は本当に、気が遠くなる程の精巧な繊細な造りでした。それと、憧れのあの人やあの人やあの人の作品を、写真じゃなくて生で見れた事に感動しました。

さて、今回は以前に作りました私のケーキがメインビジュアルになっており、ポスターや、大きなパネルになっておりました。うれしかったです。

wilton class information 第一回ケーキデコレーションコンテスト作品展 開催