「trip」タグアーカイブ

Taiwan sugar trip 台湾あれこれ

先日また台湾に行ってまいりました。毎回慌ててダーっと行ってダーっと帰ってきてたらいつの間にか4回目となりました。一回目が飛行機欠航でまー大変で、まさか、これほど行くことになるとは思わなかったので、今頃ブログに書いてます。毎回タフな状況を目の当たりにするんですが、最終的に楽しく帰ってきて、台湾がどんどん好きになってます。

私は海外文化に興味があると言いながら、欧米文化の事ばかり見ていて、正直アジアに目を向けた事があまりなかったんですよね。韓国行き来した時期や、台湾の留学生と仲良くした学生時代もありますが、あまり国を意識した付き合いでもなく。
でも今、英会話はフィリピンの人に教えてもらってるし、台湾のケーキの友達と頻繁にやり取りしています。同じアジアの人々と接する割合が増えてきました。それで、英会話の先生の洗練された会話の内容とか、台湾の友達の熱量とセンスに接して、かなり価値観が変わってきました。

さて、毎回あまり観光らしい観光していないんですが、ケーキデコレーション好きの人が行くならここいけば楽しいよ!というところをいくつか行ってきたので台湾に行かれる方、良かったら参考にしてください。
地下鉄(MRT(捷運))の乗り方とかは、台北ナビに詳しいです。

MRT(捷運) | 台北ナビ

おすすめその1:
大福烘焙蛋糕裝飾專門店(台北)
ダフデコレーション
MRTの淡水信義線 象山駅(Xiangshan Station)から徒歩10分くらい。

これは店ですか?っていう入口ですが、中に入ると天国です。
PME、Wiltonからノンブランド品まで。道具の品揃えは日本の専門店(ウィッチクラフトとかキッチンマスターとか東洋商会おかしの森)の方がいいかと思いますが窓付きボックスは日本で買えない可愛いボックスがたくさんあってテンション上がります。日本とカブってない商品もあるし。あとはノンブランド品を見て触って品定めできるところと、オリジナルのダフ製のフォンダンが結構良かったです!
台湾では最初CarmaというメーカーのMassa Ticinoというロールフォンダンを使ってたんですが、2回目からこちらになりました。そして今回改良版で香りがついてまして。ストロベリーのいい香りでした。
伸びがよく、かといってベタベタしすぎず、湿度の高い台湾に合わせて作ってあるんですかね。良いです。
個人利用でおすすめです。

(写真了解いただきました。)

さて毎度脱線多いんですが、フォンダンは今までWiltonCarmaSatin Iceを使ってみましたが、なんやかんやで今は自作フォンダンにWiltonを混ぜたもので落ち着いてます。

あとですね、最近「ロールドバタークリーム」とか「バタークリームフォンダン」っていう名前のものが気になってます。どうやら主にコーンシロップとバター(またはショートニング)、粉砂糖、あといろいろを少々ずつ入れて練ったものらしいです。ロールフォンダンと同じように使うらしい。手元にサンプルあるのでいつか試そうと思ってたらだいぶ硬くなってます、、、。

 

おすすめその2:
糖藝術工房
タイペイシュガーアート
MRT松山新店線 松江南京駅から徒歩5分くらい

サンディ先生(PME師範)とジミー先生(Wilton師範)の正統派教室。という感じのお教室兼販売店。行った時は閉まっており、ウロウロしてたらどこぞやから男性が出てきてくれまして、店を開けてくれました。しばらく、ぎこちないやり取りのあと、日本語が話せるジミー先生だと分かり、話し込んで奥の教室の方まで。日本の知り合いの先生の話とか、何やってるの?へぇ〜ケーキ作ってるんですね。3Dとかやってる?こういうの作れる?習いにきたらいいのに。なんていう話をして、教室のパンフレットを頂きました。日本の先生とのやりとりがたくさんあるようです。私の方が日本の有名な先生のこと教えてもらった形でした!
ニコニコでものすごいホスピタリティ。思わず道具を買いました。
イギリスのメーカーのものとWiltonの道具が取り扱いのメインでした。
教室オリジナルのフローラルテープカッター(シュレッダー)(テープ幅をカットするあれです)が良さそうでした。
とにかく展示のケーキのレベルがすごかったです。

(写真了解いただきました。)

 

タクシー乗ってたら窓から見えたのは
焙芸遊
ベイク・イット・ユアセルフ
こちらも道具のサプライとクラス運営されてたそうですが、閉店済みとのこと。

 

そして
宮原眼科店 (台中)
ミヤハラガンカ
台鉄 台中駅 すぐ

台北ナビのガイドページがわかりやすい → 宮原眼科(台中市) | 台湾グルメ・レストラン-台北ナビ

道具店ではありませんが、台中行ったらマストゴーです。ハイファッション誌でも紹介されるスイーツショップ。
世界観。人だかり。すごかった。
混雑とパッケージと内観に目がくらむ思いでした。
テンション上がりました。シーズンごとに変わるという制服が可愛すぎる。何から何まで可愛すぎる。
しかしあまりの混雑に再び行けるかどうかは分かりません。一回目のテンション上がりきったところでガンガン買う。ガンガン写真撮る。それが正解な気がします。

あとは、なんだろうな、全然砂糖と関係ない話なんですが、両替は、台湾で。とにかくご飯が美味しい。交通費が安い。いろんな国の統治を経て成り立っているからか、建物が素敵です。

あと、もう一つ大事なことを言いたい。今回、3月11日に台湾にいたわけですが、6年前の地震のこと、今でも心配してくれました。

以上台湾情報でした。文章長すぎ。すみません。
また行きたいです。

NY旅行記-3 販売店編

NY旅行記その3です。
その1その2

3日目の終わりに、ベーキングとケーキデコレーションの販売店で教育もしているNY Cakeと、Michaelsに行ってきました。

まずNY Cake。

20160901-ny3-nycake1

外観こんな感じです。黒白と、鮮やかなフーシャピンクがNYらしくてすてきです。ショーウィンドウも大きい。

20160901-ny3-nycake2

mimicafe UnionのSachikoさんのフォンダンフィギュアも店頭に飾ってありました。コンテストの受賞作品です。自由の女神がRon Ben Israel CakesのRon、リトルブラックドレス着てるのがNY CakeのファウンダーのLisa、タクシーから顔だしてハーフパウンドクッキー持ってるのが、City CakesのBennyです。NYのケーキスター。

20160901-ny3-nycake8

品揃え天国。

20160901-ny3-nycake3

20160901-ny3-nycake5

デモブースと教室

20160901-ny3-nycake4

20160901-ny3-nycake6

展示のケーキ

20160901-ny3-nycake7

もう一度学び直したい気分に駆られながら、こういう文化に触れることができて最高だなと思いました。

とにかくなんでも買えそうな感じのお店でした。

 

—Michaels Store—

NY Cakeから徒歩1分くらいのところにMichealsがあります。クラフトショップというかというかホームセンターというか、東急ハンズみたいなそんな感じで、全米にチェーン展開しています。各ストアにはガラス張りのクラスルームがあって、ペーパークラフトとかペインティングとかケーキデコレーティングとかの手芸クラスをやっています。

ここではケーキデコレーティングといえばWiltonで、クラス=Wiltonクラスです。

20160901-ny3-micheals1

20160901-ny3-micheals2

20160901-ny3-micheals3

20160901-ny3-micheals7

体験クラスの告知が貼ってあったので、レジの人に言って入らせてもらいました。
ボトル入りのクリーム(日本でも一瞬入荷してた、クッキーアイシングボトル)を使ったクッキーアイシングのクラスでした。

20160901-ny3-micheals5

20160901-ny3-micheals6

インストラクターによると思うんですが、日本のクラスよりカジュアルだなーって思いました。いろいろカジュアルで、楽しかったです。

NY CakeとMicheals、すごく近いのもあって、やっぱりお客さんも両方を行き来してるんだそうです。(NY Cakeのレジの人談)

という感じで、ケーキ関係で行ったところは、おおかたご紹介できたかなと思います(^-^)

あとは、番外編をちょっとだけ書きたいと思います。

NY旅行記-2 Vegan編

NYの旅行記の続きです。(旅行記-1

NYでもVeganのお菓子が食べられるお店に行ってきました。私自身はVeganではないんですが、Veganベーキングが好きですし、Veganフレンドリーであろうと思ってます。

—Erin McKenna’s Bakery—

2日目、ロウアー・イーストサイド地区にあるErin McKennaのベーカリーに行ってきました。

私のブログでも以前から何度も出てくるBaby Cakesの、あの可愛い本のお店の、一号店です。

Erin McKenna’s Bakery NYC-Gluten Free, Vegan, Kosher

このお店はポップな雰囲気とはうらはらに、材料選びが厳格で、
Refined sugar-free(精製糖不使用)
Gluten-free(グルテンフリー)
Wheat-Free(小麦粉不使用)
Soy-free(大豆不使用)
Dairy-free(乳製品不使用)
Egg-free(卵不使用)
のお菓子を買うことができます。

駅を出て、大通りからひとつ入ったところに、小さい店構えのお店。オープン前に着いてしまい、ちょっと待ちましたが出来たてのカップケーキとドーナツを買いました。
私の他にもオープン待ちの男性が一人。ドーナツ買って帰っていきました。

20160831-ny2-erinbakery1

20160831-ny2-erinbakery2

20160831-ny2-erinbakery3

20160831-ny2-eyecatch

20160831-ny2-erinbakery4

ここのお店のオープン時からのルールは

1) A bakery free of harmful ingredients 良い材料
2) Cute uniforms 制服は可愛く

はー。いい。

お店の子が可愛かったので、写真撮らせてもらいました。

20160831-ny2-erinbakery5

カップケーキもドーナツも美味しかったです。レシピ本の材料は日本では(たぶんアメリカでもそうなんじゃないかと思うんですが)簡単に買えないので、レシピのままでは作ったことないですけども、何か美味しいシークレットがありそうなそんな感じでした。特にドーナツ良かった。また食べたいです。

レシピ本、2つ出てます。以前も紹介しましたがもう一度。ひっくり返るほどの可愛さおしゃれ感と材料に対する高い精神。

20170720-erin-and-steve1

Kindle版出てました
BabyCakes: Vegan, (Mostly) Gluten-Free, and (Mostly) Sugar-Free Recipes from New York’s Most Talked-About Bakery

BabyCakes Covers the Classics: Gluten-Free Vegan Recipes from Donuts to Snickerdoodles

—Blossom Bakery—

3日目に行ったチェルシー地区にあるBlossom Bakeryもカップケーキ、クッキー、ホールケーキなど売ってました。こちらではVeganでオーガニックでkosher認証された焼き菓子が買えます。Kosher認証って、今回旅行するまであまり気にしたことなかったんですがユダヤ教の食事規定をクリアした証で、健康安全なイメージがあるらしいです。近年ロットのWiltonのロールフォンダンなんかもKosher認定されてますね。
チョコクッキー買いましたが、チョコチップ入ってて少しスパイスの風味がしてガツンと甘く、美味しかったです。

20160831-ny2-blossom

20160831-ny2-blossom3

さて甘いものばかり食べてたのですごく野菜が恋しくなってきて(砂糖の取りすぎ)、ひとりご飯ではfresh&coていうお店でVeganメニューのファラフェルサラダボウル食べました。日本ではVeganフードのポップアップショップ手伝ってるのもあって、ファラフェル食べる機会よくあるんですが、海外で食べるの初めてでした。その場でカット野菜を選んでボウルでドレッシングと混ぜてくれます。てんこ盛りの野菜とゴロゴロ入ったファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)。
美味しかったです。

次の記事ではケーキデコレーショングッズの販売店レポートを書きたいと思います。

NY旅行記-1 Cake編

8月も終わろうとしています。
この8月は、ニューヨーク、アラバマ州のモービル、台湾(そして入院)と、ほとんど家を空けておりました。
せっかくなので、少し紹介したいと思います。

まずNY。

20160830-ny1-timessquar

今回はNY在住のmimicafe UnionのSachiko Windbielさん、LikeButter by Satoko のSatokoさんに会うために行きました。この後に行くアラバマ州は3月くらいに決めていて、「どうせアメリカ来るならおいでよ!」という言葉に甘えてアラバマの前に寄る形にしました。

Sachikoさん、Satokoさん、お二方とも私のモチベーションの要素でとても尊敬している方々です。リンクをどうぞ

mimicafe Union Edible Fondant Cupcake Toppers

LikeButter by Satoko

NYでは、Sachikoさんのスタジオに行き、Satokoさんの作業スペースを見せてもらい、観光に付き合ってもらい、一緒に楽しいご飯を食べ、帰りの空港までのシャトルの手配と、何から何までお世話になり本当に感謝とラッキーの日々でした。

—Sachikoさんのスタジオ mimicafe Union—

20160830-ny1-sachikosstudio2

20160830-ny1-sachikosstudio2-2

20160830-ny1-sachikosstudio
技巧に凝ってて姿・形が可愛らしくて本当に素晴らしい。

空港からホテルまでは電車を使いました。メトロ(地下鉄)の休日ダイヤにGoogle Mapの経路案内が対応しておらず、お二人のチャットでのサポートもあえなく乗り換え迷子になりましたが、迷子中に見つけたレキシントンアベニューのSprinkles CupcakesのカップケーキATM(本当は地下で乗り換え可能)。

20160830-ny1-sprinckesatm

※ここは3年前サンフランシスコ郊外シリコンバレー北端のパロアルトに旅行したとき、ホストのKennyが教えてくれたカップケーキチェーンです。LA店とNY店にはカップケーキATMがあると噂に聞いていたのを迷子中に見つけました。ラッキーの始まり。

1日目、2日目はお二人に時間とって頂いて、3日目にはメトロを使ってケーキ屋さん巡りをしました。その中からいくつか。と思ったけど行ったとこ全部紹介します。

—Empire cake—

Google NYの向かいにあるEmpire Cake。ガラスにGoogleのロゴが写りこんでなんとも言えないたまらないお気に入りの写真が撮れました。今回回ったところ、全部カップケーキなりクッキーなりを買って食べましたが、ここのカップケーキが一番美味しかったです。

20160830-ny1-empire

20160830-ny1-empire4

20160830-ny1-empire2

2016-830-ny1-empire3

—City Cakes—

Google NYの周辺を散策する感じで、City Cakes。ハーフパウンドクッキー(一枚がとても重い)で有名ですが私はカスタムケーキの方でクラクラしました。店構え、店内も好きな感じ。
カップケーキはクリームは甘く、スポンジはドライなきめ細いスポンジでした。

20160830-ny1-citycakes

20160830-ny1-citycaks2

20160830-ny1-citycakes3

SachikoさんがシェフのBennyさんに会えるように取り計らってくれ、一緒に写真撮ったんですが、あまりにもデレデレな顔をしてしまったので掲載控えます。

—Billy’s Bakery—

それから、こちらも歩いていける範囲でチェルシー地区のBilly’s Bakery。店内可愛く、外にベンチあり。お菓子の種類多かったので、数人で行ってシェアしたい感じでした。カップケーキを買いました。クリームは砂糖のザラザラ感があるタイプです。スポンジは少しドライ。

20160830-ny1-billys

20160830-ny1-billys2

20160830-ny1-billys3

アメリカのカップケーキのクリームはだいたい、どこも常温可のカップケーキなのでこのタイプなんでしょうかね。
時間が経つと、クリームの表面が少し乾くタイプです。このタイプのクリームは日本のケーキに慣れてる私たちにはちょっと甘みが強いと思うので、やっぱりSprinkles Cupcakesのカップケーキみたいな薄めにカバーしてあるくらいがちょうどいいかもな〜、食べれるけど。と思いました。スポンジの乾燥も防いでくれますし。

それから、VeganレストランBlossomのベーカリー。Veganのお店についてはまた別で書きますね。

—Eleni’s Cookies—

そのままチェルシーマーケットに向かって建物に入り、Eleni’s Cookiesへ。こちらはもう何年前から来たいと思っていたか。今は以前ほどアイシングクッキー作ってませんが、アイシングクッキー始めた頃にすごくデザインとかを見ていたところです。ポップで大きくて本当に可愛い。お店も可愛く、店員さんも可愛かったです。可愛いの連発ですが本当にテンション上がりました。
白くアイシングしたクッキーと、フードベンがセットになって売っていました。お絵描きできて楽しそうです。

20160830-ny1-chealsea-m

20160830-ny1-elenis1

20160830-ny1-elenis3

20160830-ny1-elenis4

ケーキのお仲間にお土産。割れずに持ち帰れるか心配でしたが、無事に持って帰ってこれました。

20160830-ny1-elenis5

クッキーはサブレっぽかったです。自分用には個装してないのを買って2日に分けて食べたら翌日少し湿気てしまってました。個装なしはすぐ食べるのがヨシ。

そしてRon Ben Israel Cakesの外観だけでも拝んで行こう(Ron Ben Israel Cakesはハイエンドウェディングケーキの最高峰とされてるとこです)とタイムズスクエアの方まで戻ってから、ベーキングとデコレーションツールの販売店 NY CakeとWilton Classが入っているD.I.YストアチェーンのMichaelsへ。
Wiltonの体験クラス受けました。この話はまた後で。

まち歩きには、Google Mapの経路案内と、NYの地下鉄(MTA)のアプリを使いました。
この2つと、北(地図の上)に行くにはアップタウン方面、南(地図の下)に行くにはダウンタウン方面という、というのだけわかってれば大丈夫でした。

便利なNYのメトロアプリ(iPhone、iPad)
New York Subway MTA Map and Route Planner

それから、ストリート番号は北に向かって昇順になっててわかりやすかったです。