Peony on polka dots cake ポルカドットとピオニーのケーキ

ピオニーのケーキです。
女性への褒め言葉で「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」なんて言葉もありますよね。
アメリカだと牡丹も芍薬も一般的に「ピオニー」らしく。両方ともボタン科なんですが牡丹は木、芍薬は草だそうです。
葉っぱも違うので似て非なるいとこみたいなとこでしょうか。品種が多く派手でパッと目を引く美しさ。

お花については調べたらキリがない感じで、図鑑が大変なことになってきました。私はわりと、自己流のファンタジーフラワー(実在しない花)を作る事も多いんですが、園芸や華道がジャンルとして歴史がある理由が良くわかる。調べたり覚えたり練習すべきことが多いともはや学問ですよね。なかなか手が出せません。

お花やケーキ、、、

LANケーブル引き回して社内システムと格闘してたほんの10年前まではあんまり興味なかったんだけどな、、、と思ってたんですが、高校生の時はなぜか途中から華道部に入って草月流習ってたんでした。部活の日は(確か週イチ)お花抱えて電車乗ってました。
自分でも意外でなぜ華道部に入ったのか思い出せません。そして忘れてました。お隣の茶道部のお菓子目当てか、それとも週イチっていうところに魅力を感じたのか。

思い出話が長くなりそうなのでこの辺で。

Magnolia Cake ハクモクレンのマーブルケーキ

春一番が吹き荒れて、春のきざしを感じるものの、まだ寒く。
早く暖かくならないかな〜という時期にご近所に立派に咲くハクモクレン。私の周りではファンが多い花です。

ハクモクレンって英語でなんていうんだろう?と調べたら「Magnolia」らしい。つくり方を調べるとYoutubeでもオンラインチュートリアルサイトでもたくさん出てくるし、花びらの抜き型も売ってるんですがなんか違う。
と思ったらどうやらいつも日本で見ているハクモクレンやシモクレンと、良くチュートリアルがシェアされてるマグノリアは違うようです。

というわけでせっかく専用型が届いたものの、ベーシックな卵型の抜き型で抜いて、手で花びらを伸ばして作りました。「注文して2週間待ったけどなんか違くて使わなかった」は、仲間内あるあるのひとつです。

フォンダンカバーをマーブルで、裾はモールディング風に処理してメタリックゴールドにしてみました。3DケーキをやっているSweets Pigさんに教えて貰ったゴールドです。今まで使ってたゴールドよりかなりメタリックです!!
絞り作業が大好きなんですが、今回は潔く絞りなしで。

 

さて、これ何度も起きてることなんですが、一回ブログ更新を休むとハードルが上がってなにを書いたらいいのか分からなくなってしまいます。あとですね、昨日、セキュリティ警告の対策で以前のブログの管理画面開いたら、コメントに返信してないのをいくつも発見して青ざめました、、、。
本当にうかつですみません。
2年前のコメント、、、今気がつくとか、、、どうしよう、、、うわあああ。自分の頭をポカポカやりたいです(昭和のマンガによくあるやつ)。

ちょっと力抜いてまたやっていきたいと思います。

制作のご相談は3ヶ月〜半年先のものを受け付けています。予約状況次第でお急ぎのものも対応できます。どうぞよろしくお願いします。